絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,児童発達支援スタッフ,年長&0歳兄弟育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。自分と、子どもたちと、本との軌跡を確かめたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。

おかおになあれ!

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

『おかおになあれ!』 ふじもと のりこ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おかおになあれ! [ ふじもとのりこ ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/6/4時点)

楽天で購入

 

クッキー、マカロン、ジェリービーンズ…

いろんなお菓子をお皿に並べたら、なんだか、お顔に見えてきた!

 

お菓子でできた、いろんな表情。

私「これは?」息子『…口!』

「これ、何だろう~?」『おせんべいじゃない?』

「これは?」『…目!』「え!これ鼻の穴じゃない?」『…えー!鼻の穴かよぉ~!』

な~んて調子で、おしゃべりを楽しみながら読んだZE!

 

〇んがりコーンとか、フ〇ラムネとか、かっぱえ〇せんとか、源〇パイとか、ポ〇キーとか…おなじみのお菓子ズがいろいろ登場するので、これはアレだね、これおいしいよね、なんてニヤニヤするのもよし。お菓子ひとつひとつが、とっても丁寧に描かれているので、ついつまんで食べたくなっちゃう感じであります。エアおやつタイムだねっ!!

 

子どもたちって、見立てて遊ぶのがとっても上手。身の回りのいろんなものも、きっとどんどんお顔に見えてくることでしょう。たのしー

 

 

 

相手の表情から相手の気持ちを察することって、自然に体得する人が多いとは思うけれど、時にはそれができずに、しかも、できていないことに気づいてもらえずに、相手の気持ちを察することが苦手でトラブルになってしまう、ということがあるという。学校の現場で、どうしてもトラブルが多発してしまうお子さんがいて…ソーシャルスキルレーニング(SST)の一環として、表情のトレーニングをしたことを思い出しました。

どういう表情のときに相手がどういう気持ちなのか、例えば、まゆ尻が下がっている=悲しいのかな、とか、口角が上がっている=嬉しいのかな、とか、つい「みんな当たり前に分かるだろう」と思ってしまうようなことも、もしかしたら、教える必要があるという場合もあるのかも。自分の子育てでも、教育・療育の現場でも、いろんな可能性を考えながら、本人の力をサポートして、伸ばしていけるようになりたいな…なーんてことまで、お菓子の表情たちを見ながら思い至ったっ!!そして、認知機能のこと…前にブックレコメンドで書いた『ケーキの切れない非行少年たち』のことを思い出しました。

ブックレコメンドでは、引き続き寄稿者を募集しているそうなので、本が好きな方、文章を書くことが好きな方、もしよかったらチェックしてみてください!手前味噌ですが私の記事もぜひ読んでください~!☟☟

 

 

まぁ、つまるところは、お菓子で表情を作るって、SSTにも使えるかもしれないよね!という話!ぽんぽこりーん!

 

『おかおになあれ!』 2014年

発行所 BL出版株式会社

作 ふじもと のりこ