絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,児童発達支援スタッフ,年長&0歳兄弟育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。自分と、子どもたちと、本との軌跡を確かめたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。

おふろだいすき

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

『おふろだいすき』 松岡享子・作 林明子・絵

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おふろだいすき (日本傑作絵本シリーズ) [ 松岡享子 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/6/12時点)

楽天で購入

 

“ぼく”は、お風呂が大好き。

あひるのおもちゃのプッカを連れてお風呂に入る。

プッカとおしゃべりしながらお風呂に入っていると、大きなかめが、ペンギンが、オットセイが…いろんな動物がぼくのお風呂にやってくる。

 

現実とファンタジーの垣根の無い感じ、日常とお話の世界が隔たりなく続いている感じが、なんとも不思議で、面白い。個人的には、中川李枝子さん・大村百合子さんの『いやいやえん』を思い出すような感じ。

ブックレコメンドで『いやいやえん』について書いています。

ブックレコメンドへのリンクはこちら☟

 

おもちゃだったはずのプッカが喋ること、続々とナイスキャラクターな動物たちが出てくること、いつの間にかお家のお風呂が温泉みたいに大きな湯舟になっていること…こんなにもファンタジーなのに、お風呂から上がった後、大きなタオルに飛び込んでお母さんに体を拭いてもらう感じ、ほんわかとあったかくて、石鹸のにおいが漂ってくるような感じはあまりにもリアルで、絵を見るだけで誰もがその空気をまるでその場にいるかのような気分になってしまう。そのリアルさが、動物たちと過ごした幻のようなひとときをより特別に際立たせているような気がする。

お風呂のあったかほわほわな湯気…やっぱり、林明子さんの絵はすごいなぁ。お風呂に入りたくなっちゃうぜ。

 

この本、2年生の国語の教科書に載ってたかなぁ…?ブックトーク的に紹介した記憶があります。うっすら。

すっぽんぽんボーイが出てくるもんだから、女子がキャーとか言ってた気がする。ふへへ。

すっぽんぽんは関係ない。本文と関係ない。

 

冒険と、温もりと、しあわせ。

 

『おふろだいすき』 1982年

発行所 福音館書店

松岡享子 作 林明子