絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,児童発達支援スタッフ,年長&0歳兄弟育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。自分と、子どもたちと、本との軌跡を確かめたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。

しろくまちゃんのほっとけーき

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

しろくまちゃんのほっとけーき』 わかやま けん

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん) [ 若山憲 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2020/6/6時点)

楽天で購入

 

ザ・ベイビーズ&キッズ、トリコ間違いなし!大人もね♡

とにかく、かわいい♡

息子が赤ちゃんの時も読んだなぁ~!久しぶりに開きました。

 

しろくまちゃんはお母さんとホットケーキを作る。

材料を混ぜて…ホットケーキを焼くよ。

ほかほかできたてのホットケーキをこぐまちゃんと一緒にいただきます。

 

一生懸命ホットケーキを作るしろくまちゃんがかわいい。きゅん!

そして、やっぱり、なんと言ってもホットケーキの焼けるページがたまらなすぎる~!何回見ても、いいなぁ。

だんだん生地が焼けていく様子も、添えられたオノマトペも…

ぽたあん、って!

ふくふく!

くんくん!

ああ!香ってくる!!

 

お料理って、なんて魅力的なんだろう。

特に、ホットケーキを焼く、って、素晴らしく嬉しい。なんでだろ。なんだか、とにかく嬉しくなっちゃう。息子も大好き!

まず、簡単。そして、焼く工程がドラマチック!ぷつぷつしたり、ひっくり返したり。そして、おいしい。やっぱりホットケーキ、無敵!親子で虜!オヤコDEトリコ!

 

 

表紙にはわかやまけんさんのお名前だけ書いてあるけれど、よく見ると、著者のところには、3名のお名前が。

ちょいと(ウィキペディアで)調べたところによると、“こぐまちゃんシリーズ”は、お名前の載っている3名とこぐま社の代表の佐藤栄和さんの4名で、企画段階から共同で作った絵本らしい。森比佐志さんのお名前も!『はらぺこあおむし』の訳者、『くまさぶろう』の作者さんですね。

 

ずいぶん前のことだけれど、大変失礼なことに、このシリーズは、ミッフィーちゃんのディック・ブルーナの作品だと思っていた。息子と初めて読んだときに、作者の名前を見て、に、日本人じゃん!と思ったのであります。ごめんなさい、若山憲さん!でも、ディックブルーナを思わせる、ビビットな色遣いも、表情も、円や直線を組み合わせたような作画のテイストも、今から50年前の日本ではセンセーショナルだったのかも。何より、今見たって、美しい。数年前のグラニフのコラボTシャツもかわいかったっ!

 

 

ホットケーキミックスの品薄…いつまで続くのかな。

そんな時代もあったね、と、いつか笑える日がくる、といいな。

 

しろくまちゃんのほっとけーき』 1972年

発行所 こぐま社

著者 森 比佐志

   わだよしおみ

   若山 憲