絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,小1&1歳兄弟育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。自分と、子どもたちと、本との軌跡を記しておきたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。昔の記事も振り返って楽しんでもらえるブログを目指したい。

バムとケロのそらのたび

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

『バムとケロのそらのたび』 島田 ゆか

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バムとケロのそらのたび [ 島田ゆか ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/5/10時点)

楽天で購入

 

「ママ、次はバムとケロ、借りてきて!!」

息子からのリクエスト!

嬉しいことに、近くの図書館が再開したので、早速借りてきました。

 

私、初めてバムとケロシリーズの表紙を見たとき、外国の絵本だと思ったのよね。

 

どうしてだろう。

 

色遣い、絵の質感、生活様式…外国の匂いがプンプンするのよ!

 

そして今、後ろのプロフィールを拝見しましたら、島田ゆかさん、カナダ在住!なのだそう!ピコーーン!納得!

 

登場人物の愛らしい表情も、おうちの家具も、お料理も、ページいっぱいに広がる背景も…細かい所まで、素晴らしいクオリティです。ワクワクしちゃう!

 

大人気のバムケロシリーズですが、私の思い出は、震災直後に担任した1年生のクラスにいた、彼。いろんなことがあったのですが、バムケロシリーズが大好きで、いろいろ話してくれたんだよなぁ。その時に、私もこのシリーズを知ったのでした。

 

 

 

バムは、犬。ケロは、カエル。超天才的2人組。

素敵なホームスイートホームで美味しそうなパンケーキを二人で頬張る月曜日の朝、おじいちゃんから大量の小包とお手紙が届く。

中身はなんと組み立て式飛行機!

2人で何日もかけて組み立てて、おじいちゃんの家に出発!

途中でたまねぎ山脈やりんご山、かぼちゃ火山…いろんな所をすり抜けて、おじいちゃんのお誕生日パーティーへ…!

 

 

いや~、やっぱり、面白いね!息子もいっぱい笑ってた!

特にケロがお気に入りみたい!かわいいよね~!

虫がケロの飛行機に乗り込んで来ちゃったところでウヒャウヒャ笑っておった。

 

図書館が開いて、とても嬉しいです。感謝!

 

『バムとケロのそらのたび』 1995年

発行所 文溪堂

島田 ゆか 作/絵