絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,小2&2歳兄弟育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。自分と、子どもたちと、本との軌跡を記しておきたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。昔の記事も振り返って楽しんでもらえるブログを目指したい。

ばしん!ばん!どかん!

『ばしん!ばん!どかん!』 

ピーター・スピア ぶん・え わたなべ しげお やく

 

躍動感あふれる鼓笛隊の表紙。

表紙をめくれば、兵隊たちが銃や大砲の訓練をしている。

 

もう1ページめくると、踏切を通り過ぎていく機関車に馬車、車、飛行機。

 

かん かん かん かん

しゅっ しゅっ しゅっ しゅっ

からん からん

ぴいいいいいい

かたかた ごとん かたかた ごとん かたかた ごとん…

ばた ばた ばた ばた

ぷう ぷう

ぱか ぱか ぱか ぱか

ぴしっ

からから からから

ぎし がし

りん ちりん ちりん

 

ええ…もっと、もっとあるんです!

一面に広がる擬音語の数々。

 

そうです、なんと、この絵本は、全てが絵と擬音語でできているのです。

台所で、暮らしのなかで、遊びのなかで、自然の中で、街中で、様々に聞こえてくる音。

 

それらがページをめくる度に絵本から溢れて出て聞こえてくる。

いや、絵本だから聞こえるわけないんだけど、今にも聞こえて来そうな感じ。

文字の大きさとか配置とかもすごく考えられているんだろうなぁ…

なるほどなぁぁ!!と思う表現や、ん?と思う擬音語も、声に出してみると意外としっくり来たりして、読んでいて面白かったです。

 

原題は『CRASH!BANG!BOOM!』

訳者の渡辺茂男さんは、いろんなお話を翻訳していらっしゃるけれど、この絵本の翻訳は、もはや翻訳、というよりも日本語の擬音語と向き合う作業だったのではないだろうか…

 

擬声語の授業の導入にも良いかも~などと、学校を辞めても皮算用をしてしまう癖が抜けません。

 

ばちっ!

 

『ばしん!ばん!どかん!』 2004年

発行所 童話館出版

文・絵/ピーター・スピア

訳/渡辺 茂男

 

※PR

 

 

 

【雑記】シジュウカラガンからのてがみ

先日、出会った瞬間に一目惚れ…

"てぬぐいBOOK"とな…!

かわいいー!!!黄色と紺の色遣い、たまらん。

長男へのプレゼントとして迷わず購入しました。

 

 

早速、オーープーーーーーン♡※以下の太文字は私の心の声です

ぼくたち、シジュウカラガン。

雨ニモマケズ、雪ニモマケズ、まっすぐ、まっすぐ、飛んでいく。

 

つむじ風にも、急な落雷にだって負けない。ぼくたちには、目指す場所があるから。

 

月が見えてきた。あれは伊達政宗の三日月かな☆

伊豆沼はもうすぐ。満天の星空の下、家族みんなで冬を越すんだ。

 

 

…えー、太文字はあくまでも絵からインスピレーションを受けた"私の”心の声、ですので作者の方の意向を正しく汲んでいるかは定かではありません。すいません。

原作者の意図、大事だと思います。

シジュウカラガン、ほっぺが白いんだってよ。かわいすぎる。

 

しおりも付いていました。

  

大きめサイズのしおりです。

 

広げてみるとこんな感じ。

やーーーーん!かわいい。素敵。素敵。

長男にすずめ踊りの時に頭に巻いて使ってもらう予定です。きゅーん。

 


こちら、仙台の福祉施設「多夢多夢舎中山工房」と「武田染工場」のコラボレーションで作り上げられた1冊(1枚?)なのだそう。

 

特定非営利活動法人 多夢多夢舎中山工房

武田染工場|創業三百年みちのくの染工房

 

多夢多夢舎中山工房さんのインスタグラムのトップには

「彼らは普段、絵を描いたり、お昼寝をしたり、ご飯を楽しみにしたり。自由に、マイペースに過ごしています。メンバーがめいっぱい生きられる場にしたい。誰もが気持ちよく生きられる社会をつくりたい。それが多夢多夢舎の想いです。」

と書いてある。

 

多夢多夢舎中山工房さんの作品は以前にも仙台の眞野屋というお店で夫がめっちゃ可愛いペンケースを購入していたので知っていたのだけれど、やっぱり、めちゃくちゃ素敵。

 

こちらのウェブショップもとってもオシャレなのでぜひ、ぜひ、チェックしてほしいです。

tamtamdot.stores.jp

 

 

屈託なく素直に表出されたもの、ほんとうのものの美しさ。

その、置き方、魅せ方。

 

 

みんな、みんな、美しい。

 

それは、ほんとうに、ほんとうだと思っている。

 

どう置くか、どう置かれるか。

 

私は、どう置かれ、どう置き、どう生きるのでしょう。

えらぶえほん

『えらぶえほん』 

絵=ニック・シャラット 文=ピッパ・グッドハート 訳=聞かせ屋。けいたろう

 

万人にとって、暮らす、というのは忙しい。

殊、子育てしながら働く者の家庭生活はカオスだと思う。

我が家の場合、夜みんなが帰宅するや否や私はイライラと白目剥きながら食事と風呂の支度をし、アニキの宿題の丸付けとピアノ練習で怒号が飛び(飛ばさないように気を付けてはいるんだ…いるんだぜ…)、保育園から帰って来た子豚ちゃん、いや、次男がお腹空いた何か食べたいと叫びまくる、というのがデフォルトなのだが。

 

先日、何だか平和な空気が流れていると思ったら、パパを囲んで男たちが何だか楽しそうにキャッキャウフフしている。

と思ったら、この本を読んでいた~~!

 

「きみが いって みたいのは どこ?

 うみ? やま? じゃんぐる?

 ゆびを さして おしえてね」(本文より)

 

一面に広がる楽しそうな世界。

穏やかな湖や砂漠、都会的な街、広大な海に、噴火する火山まで。

絵本の読者は行ってみたい場所を選んで指を差す。

行ってみたい場所だけじゃない。友達になりたい人、家族になりたい人、住んでみたい家、部屋に置きたいもの、乗りたいもの、食べたいもの、着たいもの…いろんなFavoriteを「選ぶ」ことで楽しむ絵本。

 

とっても楽しそうだったもので、「ママも混ぜて~!」と入れてもらったのだが、好みって本当にそれぞれ違うのね~。みんなそれぞれに「らしい」ものを選ぶから面白かったです。2歳もちゃんと選んでいました。

 

そういえば中学生の頃も友達とファッション雑誌見ながら、どのコーディネートが好き?ってせーので指差したりしてたし、アイドルの写真を見てどの人がタイプ?とかやったよねっ。なんかそういうのやるよねっ。

 

こうしてみんなそれぞれに選んでみれば、価値観や、何を好しと思うのか、というのは、ほんとうに一人一人違うのだということが良く分かる。

 

そして、何人にも邪魔をされず、これが好き、と言えること、選べることは、楽しくて、幸せで、「自分」を大切にする気持ちを満たすことができる機会になると思う。

 

いや~なんか素敵だと思ったらさ、世界で100万部のベストセラーなんだってよ!

 

一人一人の違いをへぇ~!って楽しんで、それもいいねって共感しあって、全ての人がのびやかに生きていける世界が来ますように。意見の押し付けヨクナイヨ!潰し合いヨクナイヨ!そういうのコワイヨ!

 

 

2024年。悲しみや不安が過る度に胸が締め付けられてしまうけれど、どうか困っている方、苦しんでいる方が、一刻も早く安心して暮らせるようになりますように。少しずつでも悲しみが癒えていきますように。

 

まずは、目の前の、暮らし!!!おだやかな暮らし!太い根を生やし!!

今年も、素敵なこと、楽しいこと、幸せだなぁって思える瞬間が、世界中の全ての人にいっぱい、いっぱい、ありますように。

 

2024年も飛ばしてくぜ!!!(気持ちだけはなっ!)

今年もよろしくお願いします!!!!!

 

『えらぶえほん』 2019年

発行所 株式会社 講談社

絵/ニック・シャラット

文/ピッパ・グッドハート

訳/聞かせ屋。けいたろう

※PR

 

 

ミニクリスマス

あっという間にクリスマスです!

毎年あっという間なんだけど、体感的には今年が一番あっという間でしたね。なぜ。なぜなの。教えてサンタのおじいさん。

何ならまだクリスマスの心の準備ができていません。

子どもたちにサンタも来たのに。

なんだこれ。

 

 

えー、今年はなんだか夫がクリスマスプレゼントをくれまして。

私もなんだかあげたんですけどね!

奇遇ですね。

 

あげたらこれがすぐ返ってきました!買っててくれたんだって!なんだそれ♡

 

じゃーん!

こちら、箱になっているんだけれど…

 

開けてみますと、こんな感じ…!

 

そしてそして、なんと!

一つ一つが絵本になっているのです~~~!!

きゅーん!!!

私の爪がガッサガサですね!栄養摂ろうぜ!!

 

かわいい5冊のミニ絵本たち…♡

 

本当にあっという間のショートストーリーなんだけど、眺めているだけで幸せな気持ちになります。

 

この立体グラデーションスタイル♡

この可愛さ♡

考えるよねぇ~♡

 

子どもたちも興味津々で、みんなで取り換えっこしながら楽しみました。

パパ、どうもありがとう!!

 

私は子どもの頃に実家にあったアドベントクリスマスカードが大好きで、毎年クリスマスシーズンになると飽きることもなく何度も何度も眺めていたんだけど、我が子達にとってもそんな風に何度も何度も眺めたくなるアイテムになったらいいな…あのカードどこ行っちゃったんだろ…もう無いかなぁ…多分外国のカードだったよねぇ、お母さん?

 

こんな風に立てて飾ることもできちゃうYO!!

センス…!!!!!セッティング10秒だからゆるしてくれ

 

 

世界には目を、耳を、ふさぎたくなるような悲しいこともあるけれど…どうか、今日が、すべての皆様にとって素敵な一日でありますように。

 

そして、良いお年をお迎えくださいね。

 

いろんなことがあったけれど、良いこともたくさんあった2023年でした。多分次の更新は来年になるでしょう。そうね。間違いないわ、とか言って更新したくなったらすみません。

今年は全然更新できなかったけど、こんな駄文を読んでくれたすべての方々に感謝しております。本当にありがとう!来年もぼちぼちやりますんで、どうぞよろしくね!

 

2024、龍が如く登っていきます!!!(語弊!)

 

『ミニクリスマス』 2004年

発行所 ドン・ボスコ

 

※PR

 

 

はらぺこサンタのクリスマス

『はらぺこサンタのクリスマス』  はらぺこめがね

 

「クリスマスイブの日

 サンタクロースはおおあわて。

 

 いそいでプレゼントをつめて

 はらぺこのまま飛びだした

 サンタクロースが見たものは…?」(そで より)

 

子どもたちのために必死で準備をしてくれたサンタさん。出発ギリギリまで作業をして、ご飯を食べる間もなく出発しちゃった…というところがもう既に泣けるのは日々の仕事と育児による欲求不満に恨みを持っている証拠だと思うんだけどそんなことここではどうでもいいんだけどだったら書くなよって思うんだけどそれでも書いちゃうのが私の図々しいところなんだけどいやもうモジャモジャ言ってないでさっさと続き書けよって思うと思うんだけどなんだかこのままもっと拗らせてみたい気持ちになっちゃってるけどそろそろいい加減にしろよって思われてるかもしれないしもう既に読むのやめた人もいるかもしれないから泣く泣く続き書くんだけど、とにかくサンタさんは、はらぺこで出発しちゃったんです!!!

 

お腹がペコペコのサンタさんには、雪山がシュトーレンに、湖がコンソメスープに、窓の明かりがミートローフに見えてしまう。はらぺこサンタは、無事にプレゼントを渡して、ご馳走の待つお家へ帰ることができるのでしょうか…

 

 

いや~、もう。はらぺこめがねさんの絵本は、本当に食べ物がおいしそうなのだ。

写実だけでは表せない、見ている人を興奮させ、ヨダレを垂らしちゃうような魔力があると思う。2歳と読んでいても、2人で何度「おいしそうねぇ~~!!」と叫んだことか。

 

クリスマスのご馳走を味わったような気持ちになれるのもとっても素敵。

 

夢があって、笑えて、穏やかで、寝る前にぴったりの絵本だと思うんだけど、お腹空いちゃうね!きっと!!HAHAHA!いや、HOHOHO!!

 

美味しい夢が見られそうな、楽しいクリスマス絵本です。

クリスマスシーズンの読み聞かせにも、おすすめ♡

 

『はらぺこサンタのクリスマス』 2021年

発行所 株式会社ほるぷ出版

作 はらぺこめがね

 

※PR

 

 

 

メリークリスマス!せかいのめいさくえほん★アドベントカレンダー

『メリークリスマス!せかいのめいさくえほん★アドベントカレンダー

原作/ハンス・クリスチャン・アンデルセン

再話/レスリー・シムズ 他

絵/ロレーナ・アルヴァレス 他

訳/いむらあやこ 他 ※最後に皆様のお名前を載せています

 

ででーーーん!

元気です!

12月です!!

やっとブログ書けた…

 

かはーーーーー!!!

 

ついに手を出してしまった…!

絵本のアドベントカレンダー!!

きゃー!

 

店頭に絵本のアドベントカレンダーが2種類あったんだけど、

今回はひさかたチャイルドさんのものを購入いたしました!

 

説明するまでもありませんが、12月1日~24日のクリスマスイブまで、クリスマスを楽しみに一日一冊絵本をゲットできるという超絶ワクワクするやっつです!

全部で24冊!

こちらは世界中の名作絵本が詰まっていて、一度は読んでおきたいお話に毎日触れることができます。

 

12月1日は…

 

こちら!(ネタバレ御免!)

ナイスですね~!(桃鉄ワールドに毒されている)

 

手のひらサイズでかわいい。

 

3日目まではこんなラインナップでした。

 

毎日絵本読むの大変かなぁ~と思っていたんだけど(モノグサですみません)、意外といける!!!というか、楽しい。

 

子どもたちはもちろんワックワクで開けてくれるし、毎晩絵本を読んで寝るのが既にルーティンになっています。

お話はとてもシンプルにまとめられていて1~2分もあれば読み終わってしまうので、気負う必要なし!笑

超シンプルだからこそ、ママの知ってるバージョンはね…ディズニーのアニメーション版ではああだったよね…などなど付け足しでお話をしたり、心の中で「本当のオチはね、、、」と本当は怖いウンタラカンタラを思い出したりしてみるのも楽しいです。(長男は怖がりなので残酷な話はNG~)

 

ぜひ、クリスマス前の温かなひとときをアドベント絵本で楽しんでみてはいかがでしょうか。

こうなったら、他の会社の絵本のアドベントカレンダーも気になっちゃうね…!

読んでる人がいたら、ぜひ教えてね!!!

 

『メリークリスマス!せかいのめいさくえほん★アドベントカレンダー』 2022年

発行所/株式会社 ひさかたチャイルド

原作/ハンス・クリスチャン・アンデルセン

再話/レスリー・シムズ 他

絵/ロレーナ・アルヴァレス 他

訳/いむらあやこ おおさくみちこ おおつかのりこ おくもとまゆみ こでらあつこ

 こまつばらひろこ  しんかいしょうこ  ながせひな  ながともけいこ  のざかえつこ

 ひろせゆい  ほりうちゆかり  まつしたゆづき  まつばらあさみ  もんじゅがわゆうこ

 わだすなお

 

※PR

 

 

ずっとずっといっしょだよ

『ずっとずっといっしょだよ』 作 絵 宮西達也

 

「 むかし むかし おおむかし、

  あかい みが だいすきで

       とても こわがりで

       よわむしな

       ティラノサウルス

       いました。 」    (本文より)

 

誰からも恐れられる肉食恐竜・ティラノサウルス…のはずが、このお話の主人公のティラノサウルスは、怖がりで弱虫。しかも大好物が赤い実だという超草食系。

それなのに、その見た目からみんなに怖がられ、避けられ、彼はいつもひとりぼっちだった。

そんなティラノサウルスが、ある日プテラノドンの女の子・プノンと出会って…

 

 

こちら、『おまえうまそうだな』から始まるティラノサウルスシリーズの11作目。

先日の宮西達也Newワンダーランド展で、1冊好きな本を買おうぜ、となった際に長男が選んでくれました。

どうしてこの本にしたの?と聞くと、『ずっとずっといっしょだよ』っていう名前がすてきだから、なんだって。

 

孤独と、葛藤と、友情と…

うーん。ギュギュギュと胸が締め付けられるような気持ちになりました。

長男も、じっくりと真剣な顔で読んでいたよ。

道徳やな…

bg8qp.hatenablog.jp

 

さて、このパッと見るだけでウキウキするようなポップな絵の世界は、多色刷りの成せる業。Newワンダーランド展でも、その技法が紹介されていたけれど、ああ、やっぱり版画って良いね…!!!ほんっと、重なった色もはみ出た色も、その隙間さえも効いてるよねー!

夫はNewワンダーランド展でティラノサウルスのデザインの筆箱を買っていたのだが、それがまたかわいいの!グッズもかなり充実しておりました。

 

ティラノサウルスシリーズについて調べていたら、2018年に15周年を迎えた時の特設ページを発見!

www.poplar.co.jp

 

15年間で15冊。ひとまずそこでシリーズはひと区切りのようですが、いろんなティラノサウルスのいろんな想い、いろんな姿が、15年という時の流れとともに描かれ続けてきたのね。

アニメや映画にもなっているというのだから、すごいよね。

 

 

 

 

なんかねー、最近、人生についてずっと考えているのよね。

 

どうやって生きることが、世の、ひとの、自分の周りのひとの、わたしの、全てに対してよいことになるのでしょう。

 

“プノン”のように、導き、諭し、懸けさせてくれる何か、とは、私にとって、何なのでしょう。

 

そして、それが分かるのは、一体いつのことなのでしょう。

 

 

うーん、その思考が他力本願だっぺよ。

 

 

それにしたって考える暇も無く常に息切れしたままひたすら時が過ぎていくのがいやだなぁ

 

こうしている時間さえ

 

多色刷りのように、重ねて、重ねて、できた色が、はみ出した形が、隙間が、偶然に、必然に、面白く仕上がったら良いんだけどなぁ

 

『ずっとずっといっしょだよ』 2012年

発行所 株式会社ポプラ社

宮西達也・作 絵

 

 

【雑記】宮西達也Newワンダーランド展に行ってきました~!

お久しぶりでございますが、みなさん元気~?

 

私は忙殺の夏休みを終えまして、やっと息が吸える日が…ハァ…フゥ…もう息切れですね!!!火曜日なのに!!!フハハハハハハハ

 

 

さて、今年のお盆休みは帰省を諦め肉体の疲労と懐の破壊を覚悟の上、静岡の大井川鉄道のトーマス号に乗りに行く予定だったのですが、まさかの!乗車日!15日!だけ!台風7号による運休が決まってしまい、全行程をキャンセルに…3月から予約してたんだぜ…ピンポイントすぎるぜ…宝くじも当たる勢いだぜ…でも、ピンチはチャンス、と、夫の祖母宅の滞在を延ばし、私の実家にも行き、いわきの叔母と大叔母にも会いに行くことができました~!

 

その時いわきで泊まったホテルに、宮西達也さんのNewワンダーランド展のポスターが貼ってあり、よっしゃ、行ぐべ!と相成ったのでございます。

kankou-iwaki.or.jp

 

宮西達也さんと言えば、『おまえ うまそうだな』をはじめとした恐竜のシリーズや『おとうさんはウルトラマン』シリーズが有名ですが、私のお気に入りは何といっても『ニャーゴ』!東京書籍の2年生の教科書に載っていて、教員の初任時代に指導案を書いたこともあったなぁ。なつかしいなぁ。長男の教科書にも載っていたので、宿題の音読を聞くのが今から楽しみです。

 

 

さてさて~~~!

どん!!!!

 

どどん!!!!!!!

 

いぇ~い!すごいよね!!

絵本の原画やスケッチ、制作に関わるエピソードなどの展示はもちろん、ジオラマとか立体の展示もいろいろあって、面白かった!

期間中に何回か宮西さんご本人のワークショップ等も行われていたみたいで、その時の直筆の絵やメッセージなども飾ってありました。

しかも、展示は撮影可!太っ腹っっ!!でっかいウルトラマンの前で家族写真も撮れました~!嬉しかった!

 

壁にも怪獣がいっぱい!

楽しい仕掛けもありました。喜ぶ次男。

 

今回の展示を見て、宮西達也さんって本当に多作な作家さんなんだなぁ〜とびっくり。シリーズもいろいろあって楽しかったです。

ロビーに宮西さんの絵本が自由に読めるコーナーがあって、家族4人でしばらく楽しませていただきました。子どもたちにニャーゴの巨大絵本を読み聞かせしてたら私が泣きそうになっちゃったよ…桃食べたくなったよ…福島の桃美味しいよ…亘理の桃も美味しいよ…話を聞いてないって幸せなことなのかもしれないよ…

 

会場は、いわき市草野心平記念文学館。こちらの常設展も面白かった…草野心平、初めてちゃんと作品を知ったのだけれど、良かった…。荒々しく、猛々しく、血気迸るような言葉もあれば、繊細さやまっすぐさ、だらしなさ、独特なユーモアもあったり。そして、自然と共に生きている覚悟と、人間の弱さ、愚かさと、希望。アート。展示もそれを体現するような世界で面白かった…大人向けの展示で子どもたちは飽きちゃいそうだったので、夫に二人を託し、一人で浸らせていただきました…詩集も買っちゃった…自然にも癒された…

www.k-shimpei.jp

国語の便覧眺めながら、間寛平に似てる、とか、ぼーっとしたこと言ってる場合じゃなかった。

bg8qp.hatenablog.jp

そして去年のねずみくんのチョッキ展を思い出していた。

bg8qp.hatenablog.jp

 

そんなこんなで楽しく過ごせた夏であった…。

 

絵本も買ったし、読み聞かせにぴったりの楽しいお話も見つけたし、宮西達也さんシリーズ、また投稿すると思います!いえす!

 

『宮西達也Newワンダーランド展』は9月24日(日)まで開催されているので、お近くの方はぜひ!入館料がリーズナブルなのも良い!小中学生160円!素敵!いわき市

 

 

 

ちなみにトーマス号は、子ども達の年齢的にも今年がベスト…でも諸々の都合で他の時期に動かすのは難しいな…ということで!忙殺の夏休み勤務の中、週末を利用して弾丸で行って来ちゃったYO…!!執念!!私の身体的疲労が大変なことになりましたがとにもかくにも楽しかったです…ほんとに…ほんとうに…。ありがとうトーマス。暑かったよトーマス。千頭も行ってみたいなトーマス。

bg8qp.hatenablog.jp

 

 

残暑厳しすぎる毎日ですが、光の色は確実に秋の色になってきている。

だもんで、少しくらい涼しくなってもいいかと思いますよ。地球さん。

私の大好きな涼しい風の通る秋の夜まではもう少し。

みなさまどうか元気でお過ごしくださいね。

 

私も元気超回復したいっす!!!!!!!

 

ピコーン ピコーン