絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,児童発達支援スタッフ,年長&0歳兄弟育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。自分と、子どもたちと、本との軌跡を確かめたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。

きょうの おべんとう なんだろな

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

『きょうの おべんとう なんだろな』 きしだえりこ さく やまわき ゆりこ え

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

きょうのおべんとうなんだろな (幼児絵本シリーズ) [ 岸田衿子 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2020/5/4時点)

楽天で購入

 

恥ずかしながら、お弁当なんて、数えるほどしか作ったことがなかった。
それが、3月から急に休校になった影響で、この私が!毎日、毎日、お弁当を作っています。(偉そうにするなー!)

 

元々、4月からは私はお弁当の予定だったけれど、教員の夫も今のところは毎日お弁当。
手を抜き、気を抜いているので、もはや冷凍食品を活用しまくっておりますが、毎日のお弁当ライフにも、慣れてきました。
息子は、本当にありがたいことに幼稚園で給食をいただけるのですが、お弁当が大好き。朝に3人分お弁当を作って、息子は朝食にお弁当を食べる、という日もしばしばあります。

 

『きょうのおべんとうなんだろな』の作者は、岸田衿子さん。
岸田衿子さんと聞いて私が思い出すのは、『うたをうたうのはわすれても』という詩です。津田元さんという方が作曲され、大学時代に合唱の授業で混声で歌ったことがあったのですが、なんだか、もう、とてつもなく大好きで、今でも、いつかカバーしたいと思っている曲のひとつ。

 

「うたをうたうのはわすれても ゆうぐれののべの花は目にのこります」…

 

初任でボッコボコに潰れてヘコんでいた、あの、春。
どうしても体に力が入らなくて、心も、体も、地中に沈んでしまった、あの、夏。
疲れちゃったとき 嫌になっちゃったとき 先が見えないとき。
それでも、花はきれいなんだよな。

 

歌を忘れそうになっても、この歌は口をついて出てきて、涙が、そして、ちょっぴり力が、湧き出てくる。

そんな岸田衿子さんが、作ったお話。

 

くま、ぶた、うさぎ、りす、ねこ、ぞう、虫、男の子…みんなが野原で仲良く遊んで、お弁当を食べる。

「きょうの おべんとう なんだろな」

お弁当のふたを開けるのって、なんてワクワクするんだろう。    
みんなが、それぞれ好きなもの。嬉しい、嬉しい、お弁当タイム。

朗らかな楽しいお話に、山脇百合子さんのかわいい、丁寧な絵が、素晴らしく映える。
私、山脇百合子さんの描く白ぶたちゃんが大好きなんだよね~!たまらん!


福祉の世界に入門し、毎日、いろんな子どもたちとお弁当を食べている、今。
「きょうのおべんとうなんだろな」
って言いながら、みんなでお弁当を食べる時間…やっぱり、子どもたちって、お弁当が大好きなんだなぁと、微笑ましくなります。


お弁当は、愛情だ。

 

そう、あってほしい、なぁ。


『きょうの おべんとう なんだろな』 1991年
発行所 福音館書店
岸田衿子 作/山脇百合子 絵