絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,発達支援スタッフ,目下年中男児育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。子育て中のママ・パパ,保育・教育に関わる先生方,読み聞かせボランティアの方etc...絵本を選ぶ方のために,絵本を待っている子どもたちのために,少しでも力になれたら嬉しい。そして自分と本と,子どもたちとの軌跡を確かめたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。絵本選びに役立つといいな!

おへそのあな

『おへそのあな』 長谷川義史

 

小2の道徳で命の授業をしたときに、いくつか選んだ絵本のうちの一つ。

おなかの中にいる赤ちゃんが、お母さんのおへそのあなからこの世をのぞいている…

みえる、みえる。赤ちゃんを楽しみにしている幸せそうな家族たちが。

 

長谷川義史さんの絵って、すごく、包容力がある。

子どもが描いたみたいな、ごつごつとしたフォルム、ゆがんだ線。

あったかくて、いきいきと、愛に溢れている。

 

赤ちゃんがのぞいている世界は、逆さまの世界。

頭を下にして、お母さんのお腹に入っているからね。

 

お腹の中の赤ちゃんって、こんな風にぼくたちのことを見ているのかなぁ。

 

ぼく、わたしって、こんな風に望まれて、生まれてきたのかなぁ。

 

弟や妹が生まれるお兄ちゃんやお姉ちゃんにも、ぜひ読んであげたい。

 

 

面白くって、ワクワクしちゃって、なんだか、じーんと、じわぁーっと、心に残る一冊。

 

 

 

 

一緒にいても、いなくても、顔を、声を、知らなくても…おへそがあるのは、「お母さん」に産んでもらった、証拠なんだよね。


『おへそのあな』 2006年
発行所/BL出版株式会社
作/長谷川義史

 

 

中国語バージョンもあった!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

媽媽的肚臍(おへそのあな)(中国語)
価格:2607円(税込、送料別) (2020/4/26時点)

楽天で購入