絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,児童発達支援スタッフ,年長&0歳兄弟育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。自分と、子どもたちと、本との軌跡を確かめたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。

きんぎょが にげた

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

『きんぎょが にげた』 五味太郎・作

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

きんぎょがにげた (福音館の幼児絵本) [ 五味太郎 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2020/4/24時点)

楽天で購入

大好き!!

 

何年か前に『きんぎょがにげた』の切手シートが発売されたとき、すーごく可愛くて買ったんだけど、すーごく可愛くて使えないの。笑

五味太郎さんの絵と言葉って、どうしてこんなに魅力的なのでしょう。


『きんぎょがにげた』は、ザ・絵探し絵本である。

金魚鉢から金魚が逃げて、お家の中にかくれんぼ。探しても探しても、また逃げて…

家の中で金魚が逃げまくるってどうなの、

ねぇ、呼吸どうすんの、

とか、そういうのを飛び越えて、

きんぎょが、言葉が、目に飛び込んで来る色や質感の全てが、魅力的すぎる。

鏡台のページは難問だよね。大人になって読んだ時に、ああ、ここがこうなってるからこれが本体か…と、意味を理解したもの。

 

でも、子どもの頃は、絵探しの絵本、という感覚じゃなくて『きんぎょがにげた』っていう本のジャンル!という感じだった。

そのくらい、なんだか特別な魅力を、感じていたんだよなぁ~。

 

本当にどのページもことごとく、イイですね。

 

息子ももちろん好きだけど、わたしが、好き。大好き。

 

テッパン。

 

『きんぎょがにげた』 1977年
発行所 福音館書店
五味太郎 作

 

 

ラニフ!女児に着せたい。大人のもあるのがいいよね。