絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,児童発達支援スタッフ,年長&0歳兄弟育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。自分と、子どもたちと、本との軌跡を確かめたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。

だいすき ぎゅっ ぎゅっ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

『だいすき ぎゅっ ぎゅっ』 
フィリス・ゲイシャイトー/ミム・グリーン ぶん
デイヴィッド・ウォーカー え 福本友美子 やく               

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

だいすき ぎゅっ ぎゅっ [ フィリス・ゲイシャイトー ]
価格:1210円(税込、送料無料) (2020/4/15時点)

楽天で購入

 

先輩ママからいただいた絵本。

とってもかわいくて、息子も私もお気に入りです。


これは、うさぎの親子の一日のお話。

えーとね、これはね、端的に言うと、母一人、子一人のワンオペ育児の話だな!笑

あっ!『だいすき ぎゅっぎゅっ』ファンのみなさん、怒らないでっ!!私も大好きだからっ!

お母さんと子ども。こんな風に触れ合えたら、こんな風に一日を過ごせたら。

そんな風に思える、幸せの詰まった一日です。

 

朝起きて、顔を洗って髪をとかして…

ごはんを作って食べたり、

お家で遊んだり、

お外に遊びに行ったり。

そして、また、幸せな眠りにつく…

「おやすみなさい」で終わるので、寝る前に読むのにもぴったり。


何かする度に、時刻に触れているので、時計を読む練習にもなるし、何時頃に何をするのか、一日の生活の流れをイメージすることもできる。


そして、いつも、何をしても、「だいすき ぎゅっ ぎゅっ」!

何度も、何度も、ハグをする!!!!!

それが、も~う、たまらなく、幸せそうなのよね。

ハグって、なんでこんなに気持ちいいんだろう。

満ち満ちる安心。愛。

それが、絵からじんわり伝わって来る。

もちろん、その度に、息子にも、ぎゅっぎゅっ♪

ああ~、何て幸せな絵本なんだろうなぁ。

 

 

 

今、最前線で働く医療関係者は、自分の子どもに感染させるわけにはいかないから、我が子に触れることさえできない、という。

あったかい部屋で、我が子をだっこして、絵本が読める。言葉を、綴れる。

その尊さに、自分の恵まれすぎた環境に、涙が出る。心が縮んでしまいそうになる。

神様、どうか、世界中の全ての人に、幸せを、いっぱい、いっぱい、お恵みください。

みんなが、みんなを、抱きしめ合える、世の中に。

 


私には、何ができるんだろう。

今、

そして、これからも。


『だいすき ぎゅっ ぎゅっ』 2012年
発行所 株式会社岩崎書店
文 フィリス・ゲイシャイトー/ミム・グリーン 
絵 デイヴィッド・ウォーカー
訳 福本友美子