絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,児童発達支援スタッフ,年長&0歳兄弟育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。自分と、子どもたちと、本との軌跡を確かめたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。

あなのはなし

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

『あなのはなし』 ミラン・マラリーク さく 間崎 ルリ子 やく 二見 正直 え・あな

長男がジャケ借り。

 

『あなのはなし』…確かに、惹かれるタイトル。

 

作者、訳者、お、原作は外国の方か。絵は、二見正直さん。

 

…ん?

 

“え・あな”

 

…あな?

 

 

 

“はじめはくつしたにあいただけだった、

ちいさな「あな」。

しかし、だれもその「あな」を

つくろってくれなかったので、

とうとう旅に出ることに決めたのです。”(そで より)

 

なんと、主人公は、穴。

 

穴ったら、穴、なのだ。本当に。

 

穴のところは、絵じゃなくて、本当に、ページに穴が空いている。

 

穴から手と足生えてるし。斬・新!

 

長男、穴の絵にイチイチ爆笑。わかる。穴、可愛いわ…!特に小屋で桶の中でひっくり返って寝てるのがおすすめ。

 

途中で、桃太郎の如く、ドーナツ、カエル、ツバメ、ヒツジの仲間に出会いながら、穴は旅を続ける。いきなりドーナツに出会うから、“穴”つながりなのかと思いきや、次からは、普通に動物っていう何でもアリな感じ。

そんな彼らを、実はオオカミが狙っていて…

 

 

 

いやー、なんでしょう、この世界観。

 

作者のミラン・マラリークさんは、1912年にチェコに生まれ、1987年に亡くなっています。チェコって言われると、登場する動物とか、靴下、とか、何ともチェコっぽいお話な気がしてくる。

 

外国のお話の雰囲気をそのままに、シュールと、オシャレと、笑いに、落とし込む絵・そして、穴。

 

とにかく穴が愛しくて、追って来るオオカミを絵の中から探しながら、あはは、なんじゃこりゃ、と読んでいるだけで面白いんだけど、読み終わった後には、ざらざらとした拭い去れない違和感のようなものが、何となく口の中に残っている。

 

靴下は?オオカミは?どこへ行ってしまったのだろう。おしまい、のページが、なんだか、こわい。

 

 

「べつに どこへも。ただ、よのなかを みたいと おもってね」(本文より)

 

穴。

 

なんだか、印象的なお話でした。

 

飲み込まれちゃうぜ。

 

『あなのはなし』 2014年

発行所 偕成社

作 ミラン・マラリーク

訳 間崎 ルリ子

絵・あな 二見 正直

 

今週のお題「読書の秋」