絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,児童発達支援スタッフ,年長&0歳兄弟育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。自分と、子どもたちと、本との軌跡を確かめたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。

どろどろ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

『どろどろ』 せなけいこ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

どろどろ [ せなけいこ ]
価格:968円(税込、送料無料) (2020/6/4時点)

楽天で購入

 

この絵本は、劇中劇、ならぬ、絵本中絵本、だったのだそうです。

せなけいこさんの『ぼくはかさ』という絵本で“たろうちゃん”が読んでいたというおばけの本『どろどろ』。本当は架空の絵本だったみたいなのだけれど、読者からの読みたいという声に応えて、せなさんが本当に作っちゃったのだそう。すごい!

 

 

「ど」のつくもの…ドレミのド、ドロップ、どら焼き、ドーナッツ…「ど」のつくものがたくさん集まって、ひとつのお話になっている。

リズムが良くて楽しいから、ぜひ声に出して読みたい。

 

〆はもちろん、どろどろおばけ。せなけいこさんと言えば、おばけのイメージ。今回もおばけが登場!おばけって怖いのに、魅力的。怖い話は耳を塞ぎながら聞きたい…みたいなの、アルヨネ。

息子は怖がりなので『どろどろ』のかわいい愉快なおばけさえ怖がっていたけれど、おばけ好きのキッズには、せなけいこさんシリーズ、嬉しいかもなぁ!!

ビビットな貼り絵が素敵。そう、貼り絵なのね!コラージュ!素敵!

コラージュの制作をするときの導入にも、せなけいこさんの絵本シリーズは使えそうだなぁと思いました。

 

『ぼくはかさ』、読んでみたいなぁ。そして、『どろどろ』の存在を確かめたいっ!

 

『どろどろ』 2006年

発行所 ポプラ社

作・絵 せなけいこ