絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,児童発達支援スタッフ,年長&0歳兄弟育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。自分と、子どもたちと、本との軌跡を確かめたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。

しりとり

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

『しりとり』 安野光雅 さく/え

 

先日に引き続き、

bg8qp.hatenablog.jp

 

またまた、安野光雅さんです。

 

こちらも、パラパラとめくっただけで、すぐにキュン。面白いしかけだぜぇぇぇ! 

 

 

 

この絵本は、全編、ひたすら、ページいっぱいにいろ~んな絵(と、言葉)が描いてある。

 

まず、読んでいる人は、はじめのページから1つ、好きな絵を選ぶ。

初めて読んだ時、このページの中から息子が選んだのは、“いわし”

 

次のページにもいろんな絵が。その中にある、”いわし”の“し”から始まる絵(言葉)を探してみると…あ!あった!“しか”だ!

 

さぁ、ではでは、お次のページ。ふむふむ、“か”、“か”、“か”…あった!あれ?“かめ”に“からす”!2個あるぞぉ~!

…そうです、そんなときはどっちか好きな方を選ぶことができるんです。なんかラッキー!

 

そ~んな風に、最後までしりとりをつなげていくと、もちろん最後のページは、“ん”で終わるわけだけれど、なんと!選び方によっては最後のページにつながらないこともあるんです…!そしたら、また最初のページに戻って(ちゃんとつながるようになっている!)、もう1周!するんだよ~ん!さあ、がんばろうっ!

 

 

ルールが分かれば、スイスイできちゃうし、使われている言葉のチョイスが面白いので、普段は触れられない語彙の習得にも一役買ってくれそう。絵がまた、いいんだよね~。渋い。でも、コミカル。何度も出てくる言葉もあって、あ!まただ!とか気付いてニヤニヤするのも楽しい。

息子氏、しばらくは毎日寝る前に1回しりとりをしてから眠りについておりました。

最初に選ぶものを変えるだけで、すごく新鮮な気持ちで読めるのがいいんだよなぁ。毎日、違うルート。毎日、新たな出会いがある。

どの言葉を選ぶか、というのも、個性が出て面白い。怖がりの息子はどうしても“ゆうれい”だけは選びたくなかったのだけれど、ある日、どうしても選ばなきゃいけない状況になって「いやだぁ~~…!」とハの字眉でさっさとページをめくっていたのにはウケたぜ。どんまいっ!

 

ここ数か月でぐぐっとしりとりが上手になった息子に、ぴったりの絵本でした。

こどものとも」やっぱり、いいなぁ。

 

『しりとり』 2018年(月刊予約絵本「こどものとも」通巻747号)

発行所 福音館書店

安野光雅 さく/え