絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,児童発達支援スタッフ,年長&0歳兄弟育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。自分と、子どもたちと、本との軌跡を確かめたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。

なぞなぞ【こどものとも2021年3月号】

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

『なぞなぞ』 安野光雅 さく/え

f:id:bg8qp:20210314134056j:plain

 

こどものとも という月刊誌が福音館書店から出ているようなんだけど〇〇くん(息子)に一年間プレゼントしようかな」

 

前に切手をくれた大好きな叔母

bg8qp.hatenablog.jp

からの、嬉しすぎるひとこと!

 

我が家に「こどものとも」が、3月号から届くことになりました~!!わーーい!!ありがとう!!!!!

 

子どもの頃、幼稚園を通して母が注文してくれていた記憶があって、ブログを書くようになってからも、いいな、いいな、と思いながら、なんだかんだ購読しないまま過ごしてきてしまった「こどものとも」!!なんて最高のプレゼントでしょう…!〇〇ちゃん(叔母)、本当にありがとうね!!!

 

しかも、初めに届いたのは、3月号。安野光雅さんの作品。亡くなってから発刊されたものは、遺作、となるのだろうか。

 

bg8qp.hatenablog.jp

 

こどものとも」には、絵本と一緒に“絵本のたのしみ”という大人向けの折り込み付録が付いて来て(これ、これからもすっごく楽しみ!)、かつての著作から抜粋した安野さんの言葉も載っている。プロフィールも東京都在住、で締めくくられているから、きっと、年末のご逝去は、ご病気でいらしたとは言え、本当に突然のことだったのだろう。そして、本当に、最後まで粛々と、お仕事をなさる方だったのだろう。

安野光雅さんは、お人柄も素晴らしい方だったらしい。それも、作品を読めば、しっとりと、伝わって来るような気がする。

 

 

さて、『なぞなぞ』を手にした息子。『しりとり』を描いた人だ!とピーン!と来たらしく、というか、『しりとり』そのものだと思ったらしく、「大好きなやつだあぁ~!!」と目を輝かせる。

左綴じの絵本を一緒に開いてみると、左のページに、いきなり、なぞなぞ。

 

「かぼちゃの ばしゃに のって

おしろの ぶとうかいに いったのは

だれでしょう」(本文より)

 

右のページには、3択で答えが載っていて、その中から正解だと思うものを選ぶ。

正解は次のページの隅に書いてあって、答え合わせをしながら読み進めていくことができる。

息子、迷わずシンデレラを選ぶ。…おぉ、分かるんだ!笑

 

絵本は積極的に読むようになったけれど、そういえばオーソドックスな昔話は、ほとんど読んでやっていない我が家。幼稚園で、きっと読んでもらったり観たり聞いたりするのかな。ありがたいな、と、思う。

そう、このなぞなぞたち、昔話の登場人物や伝説に出て来る神様、妖怪、鬼なんかが題材になっていて、読めば読むほど、息子の知らないモノたちもたくさん、出て来る。

はじめにパラパラめくってみたときは難しいかなぁ、と思ったけれど、巻末には解説も載っているし、なんだかんだ2人で言いながら、読み解いていくのがまた、面白い。そうだ、分からなくたって、一つ一つ、知っていくのが、楽しいんだよなぁ。

最後の解説で安野さんが「この本には、見たことのない人も不思議と知っているものを描きました。」と言っている。確かに、シンデレラも、ろくろ首も、誰も見たことがないはずなのに、知っている。”絵本の楽しみ”の”編集部だより”では、この本を「空想の美術館」だと言っている。

 

ちなみに、途中に“雷神”が出てくるのだけれど、桃鉄桃太郎電鉄というゲーム)のCOMキャラ(人間と対戦してくれるコンピューターのキャラクター)に雷神というのがいて、息子(桃鉄が好き。でも、鬼が怖い。)はなんか一人でビビリながらもテンションが上がっていた。

しかも、先日幼稚園から持って帰ってきた制作帳には、ちゃっかり雷神の絵まで描いてある。構図は、安野さんの絵本の雷神と同じ。あぁ、読んだものは、ちゃんと記憶に残っていくのだな、と実感。しかも、それが、安野さんの絵だ、ということが、なんか文化的な感じがして、ウレシイ。(ただのミーハー。)

 

 

とにかく、こんな風に、新作絵本と毎月ふれあうことができるのか、と思うと、やっぱり、「こどものとも」って素敵だなぁ、と思うのです。

そして、誰かに年間購読をプレゼントする、ということもできるんだぁ、という嬉しい気付き!

姉にも我が子と同学年の可愛いBOYがいるのだが、そちらには「かがくのとも」の年間購読をプレゼントしたのだそう。ピッタリすぎてニヤニヤ。

他にも年齢別にいろんなコースがあるので、これからもチェックしてみようかな。

 

わくわく!本当にありがとう!

 

4月号も届いたので、また記録したいと思います。

 

これからも楽しみ!!!!!

 

月刊予約絵本「こどものとも

『なぞなぞ』 2021年3月号(通巻780号)

発行所 福音館書店

安野光雅 さく/え