絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,児童発達支援スタッフ,年長&0歳兄弟育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。自分と、子どもたちと、本との軌跡を確かめたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。

1つぶのおこめ さんすうのむかしばなし

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

『1つぶのおこめ さんすうのむかしばなし』 デミ 作 さくまゆみこ 訳

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1つぶのおこめ さんすうのむかしばなし / デミ 【絵本】
価格:2090円(税込、送料別) (2020/5/10時点)

楽天で購入

 

まず、表紙が、美しい!

 

これは、インドの算数の昔話。

昔、インドのある地方に王様がおりました。ところが、王様はお米を独り占めして、町の人はひもじい思いをしていました。ある日、賢い町娘のラーニは王様のお米を拾って届けたことで、王様から褒美をもらうことになります。

「きょうは、おこめを1つぶだけくださいませ。そして、30にちのあいだ、それぞれまえのひのばいのかずだけおこめをいただけませんか?あしたはおこめを2つぶ、あさっては、おこめを4つぶ、というように」(本文より)

さて、30日後には、どれだけの量になるのでしょうか…!

 

あまりにも絵が美しくて、オリエンタルな魅力ムンムンなので、東洋の香り…と勝手に思い込んでいたら、作者のデミさん、アメリカ出身の方でした!リアリー!?

でも、建築家の父と画家の母の間に生まれ、インドでも学び、いろんな文化の国を旅して、東方芸術、仏教芸術への関心を深めたのだそう。なるほどなぁ~。

屏風から人物が飛び出しているようなレイアウト、細やかな飾り、洗練された色遣い。金色が効果的に使われていて、すごく高級感がある。ページが広がるしかけもあって、眺めているだけでも大満足の、すごく豪華な1冊だなぁと思います。

 

 

うちの5歳児も、お米がどんどん増えていく様子に興奮していたし、動物もいっぱい出て来るし、文章は平仮名で書かれているので、小さい子どもにも読める。倍の倍の倍…の凄さに気付けるのは、小学校中学年くらいからだろうか。中学生、高校生の数学の導入にも十分に活用できると思う。

 

そして!発行所、光村だ~!教科書も作ってる会社。

光村の教科書って、個人的に、何となくハイセンスなイメージ。

 

算数の面白さに触れられて、お話も面白くて、絵がまた素晴らしい。

算数、数学の先生にもおススメしたいです。

 

『1つぶのおこめ さんすうのむかしばなし』 2009年

発行所 光村教育図書株式会社

作 デ ミ 訳 さくまゆみこ