絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,児童発達支援スタッフ,年長&0歳兄弟育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。自分と、子どもたちと、本との軌跡を確かめたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。

おやつどろぼう【こどものとも2021年8月号】

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

『おやつどろぼう』 阿部 結 作

f:id:bg8qp:20210714153756j:plain

こどものとも8月号です。8月生まれだから、やっぱりなんか8月、って嬉しい!

オバサンになったって、日常に誕生日が埋もれていく暮らしになったって、誕生日が来るっていうのは、やっぱりなんだか特別な気持ちになるものです。

 

 

 

表紙には、上等なバースデーケーキを切り分けたようなふっくらツヤツヤのいちごショートケーキ。

 

子どもたちが寝静まった夜、トイレに起きたアカーキーは、お母さんが一人でこっそりおやつパーティーをしているところを目撃してしまう。お母さんにベッドに追い返されても、美味しそうないちごのショートケーキが頭から離れないアカーキー。こっそり起き出して冷蔵庫の中を覗いてみると、冷蔵庫の奥には、なんと隠し扉が!そしてそこには、アカーキーのお目当てのケーキを盗んで運び出そうとする「しましま」たちがいたのです…!!!

 

 

 

 

しましま!かわいい!

 

特に、おしり!!

 

しましまが山のようなおやつの周りをぐるぐる回る様子は、チャーリーとチョコレート工場ウンパ・ルンパの如し。

 

アカーキーも同じ頭の形してるからだんだんしましまに見えてくる…!

 

冷蔵庫の奥に、こんな世界があったら…と、空想の世界に飛び出してしまいそうな、超・ワンダーランドな1冊でした。

 

私は、絵の雰囲気が、なんとなく外国の絵本みたいだなぁって感じたのだけれど、冷蔵庫の中身は、ザ・日本の冷蔵庫。細かいところも眺めて楽しい。

アカーキーの表情がまた、何ともかわいいです。

 

 

 

…子どもを寝かせておやつパーティーってさ…パパママあるあるだよねっ。むしろその時間こそが至福の時だよねっ。

作者の阿部結さんも、「絵本のたのしみ」に、子どもの頃、両親のパーティーを覗き見てしまったエピソードを寄せている。「おとなだけの時別な時間」を見てしまった衝撃は、まさに、お話のモデルになった体験だったのでしょう。

やっぱり、息子が寝静まった後に全身の力を抜いてダラダラ嗜むおやつ&お酒は最高に美味しいっっ!ベイビーがもう少し大きくなって、またそういう大人の時間を楽しめる余裕が出てくることを今から心待ちにしております…!!!笑

 

 

 

そうそう、先日の『うごきえほん』のリベンジすごろく、全身全霊で挑ませていただきました!!!長男、爆笑!!!よっしゃあ~~!!!

…まあ、長男の笑いの沸点がものすごーーく低いだけなんけどねっ

 

夕方の絵本タイムも時々やれてます!時々。

 

月刊予約絵本「こどものとも

『おやつどろぼう』 2021年8月号(通巻785号)

発行所 福音館書店

阿部 結 作