絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,児童発達支援スタッフ,年長&0歳兄弟育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。自分と、子どもたちと、本との軌跡を確かめたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。

つきよのおんがくかい The Moonlight Jamsession

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

『つきよのおんがくかい The Moonlight Jamsession』

山下洋輔 文 柚木沙弥郎 絵 秦好史郎 構成

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

つきよのおんがくかい (日本傑作絵本シリーズ) [ 山下洋輔 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/6/20時点)

楽天で購入

 

満月の日、月を見ようと「こうちゃん」が山に登ると、向こうからピアノを担いだクマがやってくる。

お次はベースを持ったウマ、ドラムのネコ、サックス吹きのイヌ。

4匹が揃うと、楽しい楽しいジャムセッションが始まって…

 

 

 

素敵な本!

この色合い、絵のタッチ、私、大好き!

柚木沙弥郎さん。調べてびっくり!97歳?98歳?とにかく、100歳目前の、現役アーティスト。染色家。超オシャレ。不勉強で存じ上げませんでしたが、とっても有名なアーティストでした。一瞬で好きになっちゃった。すごい。柚木さんの布が、欲しい。絵本も何冊か描かれているそうです。

文を書いたのは、ジャズピアニストの山下洋輔さん。カッコイイおじさま!著書も何冊もあるけれど、絵本も何冊か書いているらしい。わお!

 

この本の何がいいって、ジャズの躍動感がいい。

楽器の擬音が、いい。フォントもね、文字のポイント数もね、配置もね。これは構成の秦好史郎さんの手腕なのでしょうか。

ソロ回しとか超やばいね!これはもう、読み聞かせするなら、読み手のセンスが問われます。ジャズっぽく。詳しくはよく分からないから、あくまで、「っぽく。」!!

ピアノの音が「カリコレ」ってのは、なんかもう、ジャズだよねぇ~!クラシックピアノには無い音色。イメージすればするほど、確かに、ジャズピアノって“カリコレ”してるかも~。声に出して楽しみたい。

 

 

 

今年度の仙台ストリートジャズフェスティバルが、新型コロナウィルスの影響を受けて中止となりました。鼻息荒くして応募したんだけどな…まぁ、毎年出られるとも限らないようなので、今年やっていたとして出られたかどうかは神のみぞ知る、なのですが、出る側としても、聴く側としても、やっぱりジャズフェスが無いのは、すごく、すごく、寂しい。

 

来年こそは、定禅寺通りをジャズが“カリコレ”と彩ってくれますように。

楽しみに、していたい。

 

『つきよのおんがくかい』 1999年

発行所 福音館書店

山下洋輔・文/柚木沙弥郎・絵

秦好史郎・構成