絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,児童発達支援スタッフ,年長&0歳兄弟育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。自分と、子どもたちと、本との軌跡を確かめたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

『木』 佐藤忠良 画 木島始 文

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

木 (こどものとも傑作集) [ 佐藤忠良 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2020/5/31時点)

楽天で購入

 

木が好きです。

好きといっても、パッと見て何の木だか分かるのは数種類がいいところ。でも、その頼もしさに、温かさに、素朴さに、グッときちゃう。

あんなにも朴訥で、それでいて生き生きとしているものって、他にはないだろう。ほれぼれしてしまう。いい男。好みのタイプ。そうだ。もしかしたら、そんな感じ。

特に今の季節はいいですね。体感として、ゴールデンウイークを境に、宮城の新緑は輝き始めるように思う。青い空に映える青葉の、薫風の、心洗われるような季節。本当に、最高!

 

 

佐藤忠良さんといえば、『おおきなかぶ』。宮城県出身の芸術家で宮城県美術館にも常設の記念館がある。地元の市民センターにも佐藤忠良作の彫像があって、ポーズの真似をして写真撮ったりしたっけな。

木島始さんといえば、彼が作詞をし、萩京子さんが作曲をした『発見のうた』という歌を半年ほど前に歌ったことがあって、それがまた素敵な詩で。

とにかく、『木』という題名で、表紙にお二人の名前を見たら、なんだか思わず手に取らずにはいられなくなってしまった。

 

「おおきな木は

なにを かんがえているのかな

 

おおきな木を

えに かくと

 

おおきな木は

いろいろ はなしをしてくれる」(本文より)

 

佐藤忠良さんの、ごつごつと力強く、生き生きとさわやかで、命に満ち満ちたいろんな表情の木のスケッチ。木島始さんの、穏やかで、のびやかで、それでいて好奇心に満ちた少年のような、語り口。最後には、ページが広がるしかけがあって、大きな木を本当に見上げているような存在感がある。

もしかしたら、実物より、写真より、リアル。何と表現したらよいのだろう。いつまでも眺めていられるような、すごいエネルギー。

 

 

学校で読むなら…生活科もいいし、図工で木をデッサンする前に読み聞かせしてみるのもいいかも。

 

木のすごさを、木とともに生きる喜びを味わえる1冊。自然礼賛。

 

『木』 2005年(こどものともは2001年)

発行所 福音館書店

佐藤忠良 画 木島始 文