絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,発達支援スタッフ,目下年中男児育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。子育て中のママ・パパ,保育・教育に関わる先生方,読み聞かせボランティアの方etc...絵本を選ぶ方のために,絵本を待っている子どもたちのために,少しでも力になれたら嬉しい。そして自分と本と,子どもたちとの軌跡を確かめたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。絵本選びに役立つといいな!

ねこのピート だいすきなよっつのボタン

『ねこのピート だいすきなよっつのボタン』

作/エリック・リトウィン 絵/ジェームス・ディーン 訳/大友剛 文字画/長谷川義史 

 

ねこのピートシリーズ!

『だいすきなしろいくつ』はこちら☟

bg8qp.hatenablog.jp

今回も、ザ・ポジティブ!

 

ねこのピートには、4つのボタンが付いたお気に入りのシャツがある。

そして、うれしくて歌を歌う!

ところが、びよよよーーーん!ボタンが1つ、取れちゃった!

それでもピートは泣かない!3つのボタンも、最高!また、歌っちゃうよっ!

その後も、また1つ、また1つ、ついには最後の1こまで取れてしまうのだけれど…

 

 

本当に、ポジティブって、気持ちがいい。

なんか、もう、欧米かっ!(欧米だよ!)

すごくさっぱりと、ありのままを受け止めて、楽しむ。

とっても合理的。泣いたって仕方ない。確かに、そうだっ! 

つい、普段の生活では、いろんな思いに振り回されてうじうじしてしまうけれど、「次!次!」「エンジョイ!」みたいな、思い切りの良さって、やっぱり気持ち良い。

まぁ、そう思いつつも、現実はそう上手く割り切れなかったりするんだけどね…

 

今回は、4つのボタンが1つずつなくなっていくので、

4-1=

3-1=…

といった具合に、ひき算の式も出てくる。算数! 

相変わらず、掛け合いも楽しい。

 

今回の歌はメロディーがリズム譜になっている(音程が決まってない)ので、リズムに乗っておしゃべりして、ラップ的に楽しむ感じだねっ!オゥイェ!フリースタイル!かーまーせー!!

 

『ねこのピート だいすきなよっつのボタン』 2014年

発行所 株式会社ひさかたチャイルド

作/エリック・リトウィン 絵/ジェームス・ディーン 訳/大友剛 文字画/長谷川義史