絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,児童発達支援スタッフ,年長&0歳兄弟育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。自分と、子どもたちと、本との軌跡を確かめたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。

ぼくとばく

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

『ひともじ いれかえ あそび ぼくとばく』 鈴木のりたけ


「ぼく」と、「ばく」

「ぼ」と「ば」を入れかえたら

「ばく」と、「ぼく」


あれ?いれかわっちゃった!


「こんぶ」「おうじ」

「こ」と「お」を入れかえたら

「おんぶ」「こうじ」

 

「ばす」の「なか」

「ば」と「な」を入れかえたら

「なす」の「ばか」…


一文字入れ替えるだけで、ぜ~んぜん違うものになっちゃう面白さ!

 

5才なりたての我が息子には、一文字で言葉が大変身する面白さはまだピンときていないようだったけれど、鈴木のりたけさんらしい、コミカルな絵、台詞、世界にひっぱられて、楽しんでいました。

息子がツボったのは、「うっかりパンチ」と「ぱっかりうんち」

小学生、好きだろうなぁ~笑

 

自分たちで入れ替えると面白くなる言葉探しをするのも楽しそう!

 

『ひともじ いれかえ あそび ぼくとばく』 2017年
発行所 小学館
作・鈴木のりたけ