絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,児童発達支援スタッフ,年長&0歳兄弟育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。自分と、子どもたちと、本との軌跡を確かめたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。

ブタヤマさんたらブタヤマさん

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

『ブタヤマさんたらブタヤマさん』 長 新太・さく

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブタヤマさんたらブタヤマさん/長新太【1000円以上送料無料】
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/5/2時点)

楽天で購入

 

これは『キャベツくん』の愛すべきサブキャラクター・ブタヤマさんの、スピンオフ作品である。

 

ブタヤマさんは肩から斜めに虫かごを掛け、勇ましく虫取り網を振り上げて、夢中でチョウを追いかける。

後ろからオバケが来ても、デッカイ生物が襲ってきても、何が来たって気付かない。

オバケに巨大な鳥・セミ・ネズミ・バッタ…いろんなオソロシイものがブタヤマさんに迫ってくる。でも、ぜ~んぜん気付かずに、チョウばかり追いかけるブタヤマさん。

 

そこで、

「ブタヤマさんたら ブタヤマさん うしろをみてよ ブタヤマさん」(本文より)

と、繰り返し呼び掛けていく、というわけなのです。

「なあに どうしたの なにか ごよう」

と時々ボンヤリ答えるブタヤマさんが、なんともかわいい。


襲ってくるモノたちは、何ともデッカク、オソロシク、読んでいるお子様は「わ~~!」「きゃ~~!」「逃げて~!!」と反応してくれることでしょう。本の表紙がすでに怖いよね!へへ!

言葉での描写はほとんど無いので、絵を見て一緒に迫力を味わえるのが良い。

我が家で息子に読み聞かせたときは、まだ4歳だったので、絵を見て一緒に何の生き物か確認したり、「セミにおしっこかけられてるよ!」だの「もうしっぽにくっついてるじゃ~ん!」などと描かれている様子に触れたりすることで、絵本の中で起きていることがより詳しく分かって、ゲラゲラ笑って楽しんでおりました。

そして「ブタヤマさんたら ブタヤマさん…」の台詞を一緒に唱えるのも、また楽しいかもね。

息子は「ブタ“マヤ”さん」になってたけどね。

 

 

とにかく、ブタヤマさんは夢中なのです。1点集中。男子だなあ。

『キャベツくん』で「ブキャッ」と怖がっていた臆病なブタヤマさんは、どこにもいない。

そして、ブタヤマさんは、やっぱり、愛しい。

 

『ブタヤマさんたらブタヤマさん』 1986年
発行所・文研出版
作・長 新太

 

 これすごいね。 

 
シリーーーーズ!!こちらもよかったら一緒にどうぞ。
『キャベツくん』☟
『キャベツくんのにちようび』☟