絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す

2020.4.1スタート。元小学校教諭,児童発達支援スタッフ,年長&0歳兄弟育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に書籍の記録・紹介を行っています。自分と、子どもたちと、本との軌跡を確かめたい。筆者の肌感覚によるカテゴライズもしております。

はらぺこあおむし

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

はらぺこあおむし』 エリック・カール さく/もりひさし やく


息子が2才の頃、

♪げっちゅよーびっ げっちゅよーびっ いーんごを いーとちゅっ たーべまーしたっ
 しょえでーもっ やっぱーいっ おーなかーが ぺーこっぺこーー

な~んて歌うものだから、ふ~ん、保育園で教えてもらっている歌なんだなぁ~と、微笑ましく聴いていた。

ん?よくよく聴くと、はらぺこあおむしっぽい。てか、絶対、そう。

そこで初めて、歌があるのだということを知りました。(作曲は新沢としひこさんによるものだそうです)
そしてそして、『はらぺこあおむし』のことはもちろん知っていたし、夫が実家から持って来ていたので絵本も家にあったし、何ならはらぺこあおむしのグッズも家にあったけど、恥ずかしながらちゃんと読んだことがなかった。世界的ベストセラーなのに!

そこで、初めて自分の意志で、読んでみたのでした。
(多分幼き日に読んでもらったことはあるような気がするけれど・・・)

さて!

やっぱり、絵が、素敵!!

小学校教諭時代、4年生の図工「自分いろがみ」という題材を指導している時に知ったのだけれど、この絵って、コラージュだったのね。様々な模様を付けた紙を切り貼りして、できている。

うんうん、よく見ると、そんな感じ!重ねたり、ちぎったり、直線だったり。

色づかいが美しくて、模様が素敵で、ふとっちょになったあおむしなんて、すごいインパクト。

今はいろんなしかけ絵本があるけれど、穴の開いたページは、やっぱり楽しい。絵本を食べてくぐり抜けちゃうなんて、最高のアイディアだよなあ。

最後の蝶は、もう、本当に、超。美しい。ザ・アメリカ児童文学色。

そして表紙・裏表紙の裏の模様が大好き。こんなワンピースがあったら着たい。

お話も、もちろん楽しくて、かわいくて、美しい。

「物語としては、卵→幼虫→さなぎ→蝶という変態を経て美しい蝶が誕生するまでを描いていますが、単なる知識の絵本ではありません」(世界の絵本100選より)

とは、まさにその通り。

そんなわけで、やっぱりベストセラーは、ベストセラーになる理由があるのだ。

 


芸術は、やっぱり、生きるために、人を生かすために、ある。

読まなくったって、知らなくたって、大人になれる。芸術なんかに触れなくたって、体は大きくなる。

でも、いろんな美しいものが、心を耕していく。それはきっと、間違いないことだと思う。

ベストセラーだけが、芸術品ではないけれど、やっぱり『はらぺこあおむし』は、美しくて、楽しくて、時代を選ばず心を耕していく、選ばれる本なんだろうなあ。

 


今は新型コロナウィルスの感染拡大でたくさんの芸術家が窮地に追い込まれている…それはやっぱり、芸術が「生モノ」だという証拠なのだと思います。

CDだってDVDだっていい。でも、やっぱり生の音楽が聴きたい。生の芝居が観たい。画家が描いた実物が観たい。生のエンターテイメントに触れたい。本物の、血が通った、芸術が、より一層、心を動かす。その日、その場でしか作り上げられない再現不可能な芸術に、人は惹かれ、それを追い求め続ける。だからこそ、「生モノ」を絶たれた今、私たちは、どうにかして、心動かす何かに、心を耕す何かに触れたくて、ウズウズしてしまうのかもしれません。

ああ!中止になってしまった地元の音楽フェス、行きたかったなあ…!触れたかった。触れたかった。

そして、これが原因で、芸術家たちが芸術を続けることを辞めてしまうこと、辞めざるを得ない状況になってしまうことがあったら、それはとても悲しいこと。そんなことがあったら、本当に辛い。誰のためにも、ならない。
本当に、1人でも多くの人が健康に乗り切り、当たり前の暮らしができるように、そして、本物の、生の、魂の込められた芸術が発展していくように、1日も早い収束を心から祈っています。

そういう意味では、絵本の読み聞かせも、その日その場限りの再現不可能な小さな芸術。絵本という作り手が丁寧に作り上げた芸術がそこにあって成立している、ということが大前提ではありますが、読み聞かせとはそれすなわち、読み手が演者となって、聞き手と共に作り上げていく小劇場なのよね。

何か話がダイナミックになってしまったけれど、でも、私が絵本の読み聞かせに惹かれるのは、そういうところが素敵だと思うから、かもなぁ。絵本の世界に私自身が揺り動かされ、それを見て聞いた子どもたちが(もちろん大人も)、嬉しそうに、楽しそうに、悲しそうに、心を動かしてくれたら、嬉しい。あぁ、嬉しい。オバちゃん頑張っちゃう。

これからも、楽しく読んでいきます。


はらぺこあおむし』1969年(アメリカ)、1976年(日本)
発行所 偕成社
エリック=カール 作・絵 もりひさし 訳 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★送料&ラッピング無料★名作絵本 はらぺこあおむし 通常版
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/4/2時点)

楽天で購入